今季の観光シーズンを迎えた上高地=20日

今季の観光シーズンを迎えた上高地=20日

長野県 松本・上高地・美ヶ原 祭り・催し

上高地を知る「談話会」 6・7月、イワナなど題材に

信濃毎日新聞(2015年5月29日)

 北アルプス上高地(松本市安曇)について話し合う「上高地談話会」が6月13日(第21回)、7月8、9日(第22回)に開かれる。信州大山の環境研究センターが主催し、参加者を募集している。

 談話会は、上高地の歴史や環境問題などをテーマに2008年に開始。6月13日に信州大理学部C棟大会議室で開く第21回は「上高地におけるイワナとカワマスの種間交雑」をテーマに県環境保全研究所(長野市)の北野聡主任研究員(48)が講演する。

 上高地の梓川には従来、イワナが多く生息していたが、現在は外来種のカワマスや同種との交雑によってイワナが少なくなっている現状を紹介する。参加無料で問い合わせは不要。午後2時から。

 7月8、9日に北アルプス涸沢ヒュッテで開く第22回は、「上高地周辺の地震と火山」をテーマに京都大防災研究所の大見士朗准教授(53)が講演する。参加費は1万円(食事を含む宿泊費、保険料込み)。申し込みは6月12日必着で、〒390―8621松本市旭3―1―1同センターへ送る。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット