福岡線で到着し、FDA就航5周年の記念品を受け取る利用客=1日正午、松本空港

福岡線で到着し、FDA就航5周年の記念品を受け取る利用客=1日正午、松本空港

長野県 松本・上高地・美ヶ原 その他

FDA、松本就航5年祝う 松本空港で記念式典

信濃毎日新聞(2015年6月1日)

 県営松本空港(松本市)にフジドリームエアラインズ(FDA、静岡市)の定期便が就航して1日で丸5年となり、県と松本市などは同日午前、松本空港で記念式典を開いた。中島恵理副知事とFDAの須川恒次社長があいさつ。午前中の福岡線で到着した乗客に記念品を贈った。

 FDAは現在、福岡線(1日2便)、札幌線(同1便)を運航している。同社によると、一時運航した静岡線を含め、就航後の利用者は5月末時点で38万2377人。

 中島副知事は式典で「FDAは県民の期待と希望を乗せて就航し、これまでに約40万人が利用した。空港が広域交流の拠点として発展するよう取り組む」と述べた。須川社長は「事業を拡大できるのも、松本空港の路線が(自社の)主要路線の一つになったからだ」と述べた。

 団体旅行で福岡から到着した北九州市の自動車学校校長、中川正衛(しょうえ)さん(62)は、松本手まりのストラップなどの記念品を受け取り、「特別の日だとは知らず、良い日に来た」と話していた。

 FDAは、日本航空の松本空港からの撤退を受け、2010年6月に札幌、福岡両路線で運航を開始。福岡線は利用が好調なため、今年3月29日からの夏ダイヤで、1日2往復になった。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット