「あわら温泉開湯130周年祭」のチラシ

「あわら温泉開湯130周年祭」のチラシ

福井県 あわら・坂井 祭り・催し 温泉

芦原温泉開湯130年彩り 初の映画祭やイルミネーション

福井新聞(2015年6月3日)

 芦原温泉(福井県あわら市)の開湯130周年を記念して、あわら市各地で8月から開かれる「あわら温泉開湯130周年祭」の概要が2日、発表された。初開催となる映画祭やイルミネーションイベントなどを含めたメーンの4企画を柱に、さまざまな誘客イベントが130日間にわたり繰り広げられる。

 周年祭は、あわら温泉湯のまち広場や修景整備が完了した温泉街の市道田中々舟津線、JR芦原温泉駅前の多目的施設「aキューブ」を主会場に、芦原温泉旅館協同組合や観光協会、商工会などでつくる実行委員会が主催。期間は130周年にちなみ、8月6日から12月13日までの130日間。

 市役所で記者会見が開かれ、実行委の笹原修之さんが概要を発表した。メーンは▽あわら湯かけまつり▽にぎわい週末広場▽あわら湯けむり芸術祭▽あわら灯源郷-の4企画。コンセプトは、開湯130年や市制11年で生まれた"つながり″を後世に伝えていく周年祭にしようと「ツナガルそしてツタエル」とした。

 温泉街を練り歩くみこしにお湯を掛け合う「あわら湯かけまつり」は8月8、9日に開催し、周年祭の開幕を盛り上げる。にぎわい週末広場は、主会場3カ所で期間中の土日祝日、連日イベントを開催する。

 第1回となる「あわら湯けむり芸術祭」は10月4~11日に開催。全国から募った30分程度の短編自主制作映画を温泉旅館のホールや足湯施設、aキューブなどで上映。観覧客が投票するコンテスト形式で、グランプリなどを決める。「あわら灯源郷」は12月12、13日、あわら温泉湯のまち広場などに竹筒で作った「竹あかり」1300本を並べ、フィナーレを飾る。竹あかりは周年祭期間中に随時開くワークショップで、市民らと手作りしていく。

 実行委では、週末広場でイベントを開く団体や、短編映画の出品者を募っている。詳しくは公式ホームページ(http://awara.info/130/)で。問い合わせは実行委(市観光協会内)=電話0776(78)6767。

あわら・坂井 ニュース

あわら・坂井
イベント

あわら・坂井
スポット