1艇のカヌーを乗り継ぎ競った昨年のカヌー駅伝大会の様子=2014年5月15日、あわら市の北潟湖

1艇のカヌーを乗り継ぎ競った昨年のカヌー駅伝大会の様子=2014年5月15日、あわら市の北潟湖

福井県 あわら・坂井 祭り・催し アウトドア・レジャー

日本代表らのカヌーレース迫力間近に 駅伝、試乗も 27・28日 あわら・北潟湖

福井新聞(2015年6月5日)

 「あわら市カヌーフェスティバル2015」(福井新聞社後援)が27、28の両日、同市の北潟湖特設コースで初めて開かれる。昨年開かれたカヌー駅伝大会に国体競技のスプリント部門を新設して衣替え。日本代表選手らのハイレベルなレースが観戦できるほか、体験教室も開かれる。

 カヌー駅伝大会は、北潟湖が会場となる2018年福井国体へ機運を高め、誘客イベントの一つにしようと昨年初めて開かれた。国体競技のスプリント部門を設けることで、一層の盛り上げと競技人口の拡大を図る。

 スプリント競技は本来、カヤックとカナディアンの2種類のカヌー別に200メートルまたは500メートルで競うが、今大会はより白熱したレースを観戦してもらおうと、100メートルコースで2種類のカヌーが一斉にスタートする。ロンドン五輪日本代表の松下桃太郎選手(石川)ら国際大会出場経験者3人を含む、県内外の約30人が水上で熱戦を繰り広げる。

 カヌー駅伝は4〜8人ごとのチーム戦。1人乗りのシーカヤックで計14キロを周回するAクラスと、2人乗りのシットオンで計6キロを回るBクラスで競う。各チームの選手がカヌーを乗り継ぎ、それぞれ特設コースを4周する。スプリント部門は27日午後1時から準決勝までを行い、28日午後1時から決勝。駅伝部門は28日午前10時から競技をスタートする。

 27日午前9〜12時には、市協会員らの指導でカヌーの体験試乗会が開かれる。参加無料だが着替えが必要。そのほか、会場では両日、移動販売車などの飲食や、整体師がテーピングを教えるブースなども設けられる。

 両日とも観戦無料。両部門への出場申し込みは締め切っている。問い合わせは市スポーツ課=電話0776(73)8043。

あわら・坂井 ニュース

あわら・坂井
イベント

あわら・坂井
スポット