長野県 松本・上高地・美ヶ原 アウトドア・レジャー

上高地と埼玉結ぶ高速バス アルピコが7月から

信濃毎日新聞(2015年6月5日)

 アルピコグループのアルピコ交通東京(東京)は4日、埼玉県と松本市安曇の上高地を結ぶ高速乗り合いバス「さわやか信州号大宮・川越―上高地線」の運行を始めると発表した。北関東地方から上高地の散策や北アルプスの登山に訪れる行楽客の需要を見込む。首都圏でのバス事業強化を狙って4月に設立した同社が、新たな高速バス路線を開設するのは初めて。

 運行期間は7月17日〜10月12日。9月6日までは毎日、その後は週末を中心に運行する。上高地行きは午後9時40分に大宮駅西口を出発して川越駅西口を経由し、関越道、上信越道、長野道を通って、翌日午前5時半ごろ上高地に到着。大宮・川越行きは午後3時45分に上高地を出発し、川越駅西口を経て午後9時55分ごろ大宮駅西口に着く。

 バスは36人乗り。運賃は片道大人7400円(大宮・川越―新島々バスターミナル間の利用は同6050円)。小学生は半額。予約は6月22日から受け付ける。

 アルピコグループでバス・鉄道事業を手掛けるアルピコ交通(松本市)は、成長が見込める首都圏の需要を取り込む狙いで4月に完全子会社のアルピコ交通東京を設立。同社は新宿―上高地線も運行している。アルピコ交通は「夏の新宿―上高地線はほぼ満席で、北関東在住者の利用も多かった。新路線の認知度を高め、来年以降も継続していきたい」(営業企画課)としている。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット