咲き誇るラベンダーの手入れをする馬場洋子さん(右)=5日、胎内市

咲き誇るラベンダーの手入れをする馬場洋子さん(右)=5日、胎内市

新潟県 村上・胎内 花・紅葉

癒やされて 一面にラベンダー咲く 胎内

新潟日報(2015年6月8日)


 胎内市横道の農家が栽培しているラベンダー畑が見頃を迎えている。多くの見物客が訪れており、紫やピンク、白のかれんな花に見入っている。

 ラベンダーを栽培しているのは、同所の馬場洋子さん(62)。

 500平方メートルの敷地に、9年前に休耕田を利用して栽培を始めた。現在は4種類約300株を育てている。早咲きは花の色合いが濃く、遅咲きは香りが強い。

 今年は高温で見頃が1週間ほど早いという。花は収穫し、ドライフラワーやリースなどのアクセサリーに加工して販売する。

 馬場さんは5日も早朝から、手入れに励んだ。多くの人に見に来てほしいといい、「初夏の爽やかな香りに癒やされてほしい。地域の交流が広がるきっかけになればいいと思う」と願っている。

 花は7月中旬くらいまで楽しめる。問い合わせは馬場さん、090(5544)1182。

村上・胎内 ニュース

村上・胎内
イベント

村上・胎内
スポット