雨の中行われた昨年の諏訪湖祭湖上花火大会

雨の中行われた昨年の諏訪湖祭湖上花火大会

長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪 祭り・催し

諏訪湖花火大会、指定席抽選会 自由席は7月30日販売

信濃毎日新聞(2015年6月17日)

 8月15日に開く第67回諏訪湖祭湖上花火大会の実行委員会は16日、有料観覧席の「升席」と「ブロック指定席」の抽選会を市役所で開いた。申し込みがあったはがきから当選者を決めた。例年人気の「特別升席」(升数53)には1779通の応募があり、倍率は33・6倍だった。

 升席は、諏訪湖畔公園最前列の特別升席(金額12万3千円)と、その後方などに設ける「一般升席」(同10万2千円)でいずれも約10平方メートルの区画。このうち、諏訪市外からの応募者に割り当てる27升分の特別升席の倍率は、最も高い45・5倍となった。

 市によると、はがきによる応募は升席、ブロック席合わせて7626通(昨年7816通)。2400席分のブロック指定席(4100円)についても、コンピューターで抽選した。

 抽選結果は返信はがきで通知し、チケットは8月5日以降に送る。前売りの有料自由席(大人3千円、小人1500円)は、7月30日午前8時半から市文化センターで約5200席分を販売する。

 今年の大会は直径約300メートルに開く尺玉(直径約30センチ)の連発を4年ぶりに復活させるという。実行委員会会長の金子ゆかり市長は「景気回復の実感を花火で演出したい。注目してほしい」と話している。

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース

蓼科・八ヶ岳・諏訪
イベント

蓼科・八ヶ岳・諏訪
スポット