福井県鯖江市の伝統野菜「吉川ナス」(右)を使った吉川ナスバーガー=福井県鯖江市の道の駅「西山公園」

福井県鯖江市の伝統野菜「吉川ナス」(右)を使った吉川ナスバーガー=福井県鯖江市の道の駅「西山公園」

福井県 鯖江・武生・越前海岸 グルメ 特産

吉川ナスバーガー今年も 鯖江・道の駅 20日から販売

福井新聞(2015年6月19日)

 福井県鯖江市の伝統野菜吉川ナスを使った「吉川ナスバーガー」が20日から、同市の道の駅「西山公園」で販売される。油で揚げた分厚いナスと甘い鶏そぼろの相性が抜群。昨年初めて販売され、売り切れる日が続出した。

 吉川ナスを広くアピールしようと昨年開発した。具の中心は厚さ1~1・5センチに切って油で揚げた吉川ナス。ナスに合うよう、みそなどで独自の味付けをした鶏そぼろを挟んだ。トマトやキュウリ、レタスもほぼ市内産を使ってあり、さっぱりとした味わい。税込み300円。

 西山公園でのピクニック時に買う人も多く、1日平均70~80個も売れた。吉川ナスの入荷数が限られているため、売り切れる日が相次ぐなど人気メニューだった。担当者は「ナスが嫌いという子どもも食べてくれます」と喜んでいる。

 今年も吉川ナスの出荷が本格化してきたため、20日から販売することにした。パンが一回り小さい子ども用も売り出す予定。同市特産「さばえ菜花米」を生地に練り込んだ同駅のオリジナルパン「さばえ菜花パンだー」を使う。

 伊藤努駅長は「おいしい吉川ナスのことを大人から子どもまで広く知ってほしい。需要拡大にもつなげたい」と話していた。販売は11月ごろまで。

鯖江・武生・越前海岸 ニュース

鯖江・武生・越前海岸
イベント

鯖江・武生・越前海岸
スポット