日中の佐久地方から久しぶりに見ることができた浅間山=23日午後2時すぎ、小諸市御影新田から

日中の佐久地方から久しぶりに見ることができた浅間山=23日午後2時すぎ、小諸市御影新田から

長野県 上田・小諸 その他

浅間山、久々の全景 麓住民、火山活動の静穏願う

信濃毎日新聞(2015年6月24日)

 佐久地方は23日昼間、青空が広がり、16日と19日にごく小規模な噴火が起きた浅間山(長野・群馬県境、2568メートル)の全景が見えた。火口からの噴煙は、時間や場所によって、見えたり目立たなかったり。麓の住民らは火山活動が静まるよう願っていた。

 小諸市御影新田からは午後2時ごろ、かすみがちながらも裾野まで見えた。妻と畑でブロッコリーの苗を定植中の竹内政夫さん(68)は「小諸は噴火しても降灰が少ないが、(群馬県)嬬恋村は降ることが多く、キャベツ農家が苦労している。大きい噴火にならばければいいが...」と、群馬県側も思いやる。

 軽井沢町の諸星ひとみさん(33)は23日朝、車に乗っていたところ煙が上がっているのが見えたといい、「地元の人にとっては、小さな噴火では驚かない。あまり気にしていない」。浅間山を望む場所で畑作業をしていた同町の男性(71)は「これからどうなるか分からないが、浅間山はどんと鎮座していてほしい」と話していた。

 浅間山は午後、小諸市役所の屋上などからも見え、職員たちが眺めた。登山者の把握に務める市総務課の職員は「天候がどうあろうと、落ち着いて対応を続けたい」と気を引き締めていた。

 気象庁によると、噴煙は16、17日に高さ約千メートル、19日に約800メートル上がっているのを確認したが、23日は午後4時ごろに500メートルだった。

上田・小諸 ニュース

上田・小諸
イベント

上田・小諸
スポット