大輪の花を咲かせるシャクヤク=24日

大輪の花を咲かせるシャクヤク=24日

長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪 花・紅葉

大輪シャクヤク500株 白樺湖畔で見頃

信濃毎日新聞(2015年6月25日)

 茅野市と立科町境の白樺湖畔にあるホテル、池の平ホテル&リゾーツでシャクヤクが見頃を迎えている。24日は赤や白色の大輪の花が、梅雨の曇り空から時折差す太陽の光に輝いていた。

 同ホテルによると、シャクヤクは「黄金アカシアの丘」の展望リフト下の約200メートルにわたり約500株が植えられている。例年並みの今月上旬に咲き始め、月末には花数が最も多くなるという。

 茅野市から訪れた会社員男性(32)は「梅雨の晴れ間を狙って来た。花が大きくて見応えがありますね」と話していた。

 シャクヤクの見頃は7月中旬まで。同リゾーツでは約3千株のニッコウキスゲも斜面を黄色く染めている。入場料を兼ねたリフト代は中学生以上1100円、3歳から小学生までが800円。

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース

蓼科・八ヶ岳・諏訪
イベント

蓼科・八ヶ岳・諏訪
スポット