人気イラストレーターの作品が並ぶ「絵師100人展」=新潟市中央区

人気イラストレーターの作品が並ぶ「絵師100人展」=新潟市中央区

新潟県 新潟・岩室 祭り・催し

かわいさ表現の妙 人気イラストレーター100人展 デジタル技術キャラ躍動 中央区

新潟日報(2015年6月30日)


 国内の人気イラストレーターらの作品を集めた「絵師100人展 05 新潟篇(へん)」が、新潟市中央区の市マンガ・アニメ情報館で開かれている。「絵師の世界」をテーマに、主にコンピューターで制作したイラストのパネルが並び、デフォルメした少女のかわいらしさやデジタル表現の面白みを伝えている。

 日本の漫画やアニメ、ゲームなどは海外で注目を集めており、これらのジャンルで活躍するイラストレーターは、江戸時代の浮世絵師になぞらえて「絵師」と呼ばれている。100人展は2013年から開かれ、今回で5回目となる。

 会場には目や胸などを強調し、かわいらしさを追求した少女のイラストなどが並んだ。「初音ミク」のキャラクターデザインをしたKEI(ケイ)さんは、大きな筆を持って紙に挑む少女を表現。アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」シリーズのキャラクター原案を手掛けた蒼樹うめさんや、長岡市出身のうたたねひろゆきさんらの作品もある。

 情報館の小池利春副館長は「デジタルならではの透明感や、鑑賞者の内面に訴えかけるデッサンにとらわれない表現など、作品の隅々から伝わる技量や工夫を見てほしい」と話している。

 26日まで。12日には、出品作家の珈琲貴族さん、CHOCO(チョコ)さんのサイン会がある。問い合わせは情報館、025(240)4311。

新潟・岩室 ニュース

新潟・岩室
イベント

新潟・岩室
スポット