佐久穂町の生産者の会がアンテナショップをオープンさせる建物=30日、軽井沢町旧軽井沢

佐久穂町の生産者の会がアンテナショップをオープンさせる建物=30日、軽井沢町旧軽井沢

長野県 軽井沢・佐久・小海線沿線 特産

軽井沢にアンテナショップ 佐久穂の農産物などPRへ

信濃毎日新聞(2015年7月1日)

 南佐久郡佐久穂町高野町で農産物直売所を運営する生産者の会が、7月19日から9月まで北佐久郡軽井沢町にアンテナショップを開くことを決めた。東京などの大都市ではなく、近隣で全国的な知名度を持つ「軽井沢」の発信力を借りて佐久穂町や町の農産物などをPRする狙いだ。

 アンテナショップは、観光客が多い旧軽井沢銀座通りの入り口近くにあり、土産品などを扱う「四季の味蔵旧軽井沢店」の一角に設ける。佐久穂町産の高原野菜や特産のブルーベリー、プルーンのほか、同町内の食品加工「きたやつハム」の製品や「八千穂漁業」が生産した信州サーモンなども販売する。

 直売所を運営する生産者の会の市川和歳会長(68)は「全国から観光客が訪れる軽井沢は魅力的。東京は遠いが、軽井沢なら商品を毎日持ち込める」と話す。昨年、長野市の県庁で出張販売した経験などから、佐久穂町産の農産物販売に手応えを感じているという。

 「軽井沢しか知らない人たちに、少し足を延ばせば佐久穂という場所があるということを知ってもらえるといい」と市川会長。アンテナショップでは直売所の割引券も配り、同町への誘客も図る計画だ。

軽井沢・佐久・小海線沿線 ニュース

軽井沢・佐久・小海線沿線
イベント

軽井沢・佐久・小海線沿線
スポット