長野県 松本・上高地・美ヶ原 その他

福岡線6月利用率55・7% 松本空港、複便維持目安下回る

信濃毎日新聞(2015年7月2日)

 フジドリームエアラインズ(FDA、静岡市)は1日、県営松本空港(松本市)発着の福岡、札幌2路線の6月の利用状況を発表した。3月29日から1日2便にした福岡線の利用率(座席数に占める利用者数の割合)は55・7%(前月比9・7ポイント低下)で、同社が複便運航維持の目安とする65%を下回った。ただ利用者数は4622人で前年同月を1362人上回っており、同社広報担当者は「利用は堅調に推移しているととらえている」としている。

 出発地ごとの利用率は、福岡発が58・5%、松本発が52・9%で、福岡から利用する団体客が多かった。

 複便化後の利用率は4月が46・9%、5月が65・4%、6月が55・7%と変動。1日1便だった前年も6月にいったん低下し、8月にかけて上昇していた=グラフ。同社は今後、予約が増えるとみている。

 夏ダイヤは10月24日まで。同社の鈴木与平会長は5月の信濃毎日新聞の取材に「できるだけ通年で飛ばしたい」と述べ、夏ダイヤ以降も複便運航を続けることに意欲を示している。

 札幌線の6月の利用率は前年同月比5・7ポイント低下の74・9%だった。広報担当者は「札幌線は団体客が減ったが、個人客は増えている。利用が落ち込んでいるという認識はない」としている。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット