柳田市長とくす玉を割った300万人目の来場者の加藤さん(右)

柳田市長とくす玉を割った300万人目の来場者の加藤さん(右)

長野県 軽井沢・佐久・小海線沿線 温泉

佐久「穂の香乃湯」、来館者300万人達成

信濃毎日新聞(2015年7月6日)

 佐久市甲の日帰り温泉「あさしな温泉穂の香乃湯」で5日、来館者数が300万人に到達した。1993年7月の業務開始から22年で達成。記念式典で、300万人目となった同市常田の加藤幸太郎さん(81)がくす玉を割って節目を祝った。

 式典では、同施設を運営する市振興公社の柳田清二理事長(佐久市長)が「22年前から地域交流の場となり、遠方の客も愛してくれて達成できた」と謝辞を述べた。加藤さんは「驚いたがうれしい。湯冷めしないので、毎日来ている」と話した。

 同館の本年度の入館者数は6月末現在、前年同期比3・4%減の2万3796人。支配人の岩井環樹さん(40)は「これからも足を運んでもらえるよう、基本に戻って頑張りたい」と話した。

 18日に記念イベントを開く。午前6~10時の入浴料が、中学生以上で500円から100円に、小学生以下の250円が無料になる。施設内のほのか食堂は、500円以上の食事が100円引きになる。

軽井沢・佐久・小海線沿線 ニュース

軽井沢・佐久・小海線沿線
イベント

軽井沢・佐久・小海線沿線
スポット