福井県 勝山・大野 祭り・催し

南アジア恐竜展、10日開幕 世界初公開の化石も 福井県立恐竜博物館

福井新聞(2015年7月9日)

 福井県勝山市の県立恐竜博物館の開館15周年記念特別展「南アジアの恐竜時代」(同博物館、福井新聞社主催)が10日開幕する。

 タイやラオス、中国南部など化石の産出で世界的に注目される「南アジアの恐竜」がテーマ。タイ産の竜脚類プウィアンゴサウルスは全長15・5メートルの全身骨格レプリカ。ラオス産の全長9メートルの獣脚類イクチオベナトールは、ひれのように見える背中の突起に切れ込みが1カ所あるのが特徴で、ラオス国外では初めて公開される。世界初公開となるアンキロサウルス類の実物化石、巣の形がそのまま保存された恐竜の卵化石など100点以上を展示する。

 会期は10月12日まで(9月9日、24日休館)。入場料は常設展込みで一般1200円、高校・大学生800円、小・中学生600円、70歳以上500円。

勝山・大野 ニュース

勝山・大野
イベント

勝山・大野
スポット