記念入場券が貼られ、列車の写真が印刷されている台紙

記念入場券が貼られ、列車の写真が印刷されている台紙

長野県 軽井沢・佐久・小海線沿線 鉄道

小海線全駅の入場券セット 開通80年記念、8月1日発売

信濃毎日新聞(2015年7月28日)

 JR小海線(小諸―小淵沢駅)の全線開通80周年を記念し、JR東日本長野支社は8月1日午前9時半から、小海線全駅の入場券セットを販売する。計31駅(うち小諸駅はしなの鉄道)の大人入場券(硬券)をまとめた。

 縦約30センチ、横約60センチの台紙(三つ折り)に、31枚の入場券を貼り付け、全駅の名前が一目で分かるようにした。小海線の年表や蒸気機関車(SL)、最新のハイブリッド列車などの写真も掲載。1935(昭和10)年11月29日に全通した小海線の歴史をたどることができる。

 1セット4390円(税込み)で、800セットを用意。佐久平駅で100セット、中込駅で500セット、小海駅で100セット、野辺山駅で50セット、清里駅で50セットをそれぞれ販売する。購入できるのは、原則1人1セットで、予約や郵送での受け付けはしていない。販売期間は12月20日までで、なくなり次第終了する。問い合わせはJR東日本長野支社販売促進課(電話026・224・5310)へ。

軽井沢・佐久・小海線沿線 ニュース

軽井沢・佐久・小海線沿線
イベント

軽井沢・佐久・小海線沿線
スポット