恐る恐るお化け屋敷の中を進む内見会の参加者=ふたばビル

恐る恐るお化け屋敷の中を進む内見会の参加者=ふたばビル

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し

高岡にお化け屋敷「口縫い人形」 8月30日まで

北日本新聞(2015年7月31日)

 高岡市御旅屋通り商店街に31日オープンするお化け屋敷「口縫い人形」の内見会が30日、会場のふたばビルで行われ、関係者が一足早く"恐怖のミッション"を体験した。営業は8月30日まで。

 同商店街でのお化け屋敷はことしで3年目。今回は男にだまされて無実の罪を背負わされた女性の物語を基に仕掛けを構成した。口を糸で縫われた人形に事件の真相が封印されており、来場者は人形を見つけ出して糸を切るミッションに挑む。

 会場はビル4階の空き家を利用。内見会の参加者は入り組んだ室内を恐る恐る歩き、各種の仕掛けで「ギャー」「もう無理」などと悲鳴を上げた。末広開発の千葉里美さん(50)と森永幸江さん(44)は「去年以上に怖かった。中学生や高校生に入ってもらいたい」と話した。

 成功安全祈願式も営まれ、松本正昭射水神社宮司が祝詞を奏上。林高岡市副市長、柴田一則高岡商工会議所事務局長、菅野克志末広開発社長、藤田衞治オタヤ開発社長、小杉美和子大和高岡店長、高場章御旅屋通商店街振興組合理事長、棚田北日本新聞社取締役高岡支社長らが玉串をささげた。

 「口縫い人形」は御旅屋賑(にぎ)わい創出実行委員会が中心商店街活性化を目的に企画した。入場は6歳以上で、入場料は900円。平日は午後2時~同7時、土、日曜とお盆期間(13、14日)は同1時~同7時に開館する。問い合わせは北日本新聞高岡支社営業部、電話0766(22)2224。

高岡・氷見・射水 ニュース

高岡・氷見・射水
イベント

高岡・氷見・射水
スポット