満開のヒマワリ畑の迷路を歩く園児たち=射水市黒河新

満開のヒマワリ畑の迷路を歩く園児たち=射水市黒河新

富山県 高岡・氷見・射水 花・紅葉

ヒマワリが見ごろ 富山県立大の農地に6万本

北日本新聞(2015年7月31日)

 県立大(射水市黒河・小杉)の農地で約6万本のヒマワリが見ごろとなった。ひまわり迷路の開園式が30日行われ、学生と一緒に種をまいた杉の子保育園(同市中太閤山・小杉)の年長児24人が、迷路を楽しんだ。

 迷路は北陸新幹線をテーマにした「かがやき迷路」。車両の先頭をデザインした。学生から応募のあった17点から最優秀作品に選ばれた杉村直昭さん(工学部環境工学科4年)のデザインを採用した。

 石塚勝学長があいさつし、市や協力した農事組合法人ファーム大島の関係者、園児とともにテープカットした。園児は早速迷路を体験。「楽しかった」「簡単だった」と話し、ヒマワリの花をもらってうれしそうだった。

 環境教育と地域貢献を目的に県立大と射水市が共同で「ひまわり大作戦」として行っている。6月1日に1年生約240人と園児が40アールに種をまいた。迷路はこの半分の面積で作られた。

 ヒマワリは1週間ほど楽しめる。高大連携事業をしている小杉高校3年生とともに種を取って油を搾り、バイオ燃料にする。

高岡・氷見・射水 ニュース

高岡・氷見・射水
イベント

高岡・氷見・射水
スポット