長野県 志賀高原・飯山・北信濃 アウトドア・レジャー

志賀高原の魅力、自転車で体感 9月6日「ロングライド」

信濃毎日新聞(2015年7月31日)

 山ノ内町や町観光連盟などでつくる実行委員会は9月6日、同町志賀高原を発着するサイクリングイベント「志賀高原ロングライド」を開く。走りながら雄大な自然を楽しんでもらい、参加者にはコース途中で地元の農産物を味わってもらう。脚力や体力に合わせて全長115キロ、85キロ、50キロの三つのコースを選べる。参加者を募っている。

 いずれのコースも志賀高原高天ケ原・一の瀬のパノラマパーキング発着。各コース距離に応じて木島平村、野沢温泉村を折り返す。115キロは標高差千メートル以上の本格コースだ。85キロはスポーツレジャーを楽しみたい人、50キロは家族連れなどでも参加できる。

 コースの途中では、山ノ内町産リンゴや木島平村産米のおにぎり、野沢温泉村産の野沢菜などを提供。北京五輪男子個人ロードレースに出場した宮沢崇史さん(長野市出身)がゲスト参加する。前日の9月5日に志賀高原で受け付けをする。

 昨年10月に続く取り組みで、今年は暖かい時季に前倒しした。夏場の誘客につなげるとともに、志賀高原ユネスコエコパーク(長野、群馬両県)や広域観光圏「信越自然郷」の魅力を体感してもらう狙いだ。

 参加希望者は8月12日までに志賀高原ロングライドのホームページ(http://shigakogen−longride.com/)から申し込む。115キロ(参加料9500円)と85キロ(同8千円)は中学生以上、50キロ(同5500円)は小学3年以上が対象で、小中学生は保護者の同伴が必要。大会ボランティアも募集している。問い合わせは山ノ内町観光商工課(電話0269・33・1107)へ。

志賀高原・飯山・北信濃 ニュース

志賀高原・飯山・北信濃
イベント

志賀高原・飯山・北信濃
スポット