金賞を獲得した「NACシャルドネ[樽熟]2014」(右)と「塩尻メルロ2011」

金賞を獲得した「NACシャルドネ[樽熟]2014」(右)と「塩尻メルロ2011」

長野県 松本・上高地・美ヶ原

塩尻のワイン5品、コンクールで金賞 1品は部門最高賞

信濃毎日新聞(2015年8月7日)

 国産ブドウ100%で造ったワインが対象の「日本ワインコンクール2015」(実行委員会主催)の結果が6日までに発表され、塩尻市内で原料ブドウの生産や醸造をした5品が金賞に選ばれた。うち1品は金賞の中で最優秀の「部門最高賞」を受賞した。市ブランド観光商工課によると、市関係の5品が金賞を受賞したのは2012年に並んで最多。

 コンクールは7月に甲府市で開催。審査員25人がそれぞれ20点満点で採点し、平均17・5点以上を金賞とした。13部門に計752品がエントリーし、金賞は計27品だった。

 「欧州系品種白」の部では金賞は2品。うち井筒ワイン(宗賀)の「NACシャルドネ[樽熟]2014」が部門最高賞に輝いた。「欧州系品種赤」の部では、サントリーワインインターナショナル(東京)が同社塩尻ワイナリーで造った「塩尻メルロ2011」など3品が金賞を受賞した。両ワインは原料ブドウの産地、醸造所がともに塩尻市内。

 入賞(金、銀、銅賞、奨励賞)した塩尻市関係のワインは計29品。同市以外の中信地方では松本、安曇野両市のワイナリーの計11品も入賞した。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット