登山者でにぎわう雄山山頂。奥は雄山神社峰本社

登山者でにぎわう雄山山頂。奥は雄山神社峰本社

富山県 立山黒部アルペンルート アウトドア・レジャー

雲上の涼しさ満喫 雄山山頂にぎわう

北日本新聞(2015年8月11日)

 立山・黒部アルペンルートは夏山シーズンの最盛期を迎えている。10日は大勢の家族連れや登山客、集団登山の児童らが室堂(2450メートル)や雄山山頂(3003メートル)などを訪れ、涼しい山の夏を満喫した。

 室堂から雄山へ向かう登山道では、あちこちに雪渓が残る。雄山山頂の気温は午後1時ごろで17度。心地よい風が吹く中、登山者は雄大な景色を眺めたり、山頂にある雄山神社峰本社に参拝したりしていた。家族4人で登った黒部市中央小5年の斉藤亮太郎くん(10)は「最後の坂がきつかったけど、夏休みの思い出になった」と話した。

 同神社によると、雄山の登山者は多い日で約千人。ことしは好天が続いているため、登山者は平年より2割多いという。来年から8月11日は国民の祝日「山の日」となる。

立山黒部アルペンルート ニュース

立山黒部アルペンルート
イベント

立山黒部アルペンルート
スポット