夜景が楽しめるように夜間運行をしている弥彦山ロープウェイ=10日、弥彦村

夜景が楽しめるように夜間運行をしている弥彦山ロープウェイ=10日、弥彦村

新潟県 燕・三条・弥彦 アウトドア・レジャー

弥彦山ロープウェイ 夜の空中散歩満喫 16日まで限定運行

新潟日報(2015年8月13日)

 弥彦山から望む夜景や星空を楽しんでもらおうと、弥彦山ロープウェイ(弥彦村)が夜間運行を16日まで行っている。家族連れやカップルらが訪れ、山頂で涼みながら眺めを楽しんでいる。

 夜間運行は午後6時以降で、上下線とも15分間隔で運行し、下りの終発は午後9時。2006年に始まり、夏限定の人気イベントになっている。

 ゴンドラ内では、夜景を見やすいように照明を落としている。乗務員の櫛谷沙綾(さや)さん(23)は「夜に浮かぶゴンドラも楽しみの一つ」とアピールする。

 10日午後8時前、山頂の展望台には10人ほどが訪れ、新潟市や見附市などの夜景を眺めたり、寝そべって星空を満喫したりしていた。ガイドによる星座観察が始まると、居合わせた人は夏の大三角などを目で追っていた。

 家族で訪れた新潟市中央区の主婦、古川幸子さん(36)は「日中とは違う景色で、思っていたよりも遠くまで見られてよかった」と笑顔だった。

 料金は往復で、中学生以上1200円、3歳以上600円。問い合わせは弥彦山ロープウェイ、0256(94)4141。

燕・三条・弥彦 ニュース

燕・三条・弥彦
イベント

燕・三条・弥彦
スポット