会場となるビルの前に並んで入場を待つ人たち=御旅屋通り商店街

会場となるビルの前に並んで入場を待つ人たち=御旅屋通り商店街

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し

恐怖体験に長い列 高岡・お化け屋敷が盛況

北日本新聞(2015年8月14日)

 高岡市御旅屋通り商店街に特設されたお化け屋敷「口縫い人形」が本格的なお盆休みシーズンを迎え、大勢の若者や家族連れでにぎわっている。13日も恐怖体験を求めて入場を待つ長い列ができた。 

 夏期限定のお化け屋敷は商店街活性化を目的に、北日本新聞社などでつくる実行委員会が2013年から始めた。

 ことしの会場は高岡大和近くにあるふたばビル4階の空き家で、台所や仏間などの部屋をそのまま活用。かつて人が暮らしていた生活感が薄暗い室内と相まって、おどろおどろしい雰囲気を醸し出す。

 開場の午後1時にはビル入り口付近に約50人が並んだ。来場者は2~4人のグループで中に入り、口を糸で縫われた人形を探し出すミッションを体験した。友人と訪れた南砺市吉江中2年、知念理沙さんは「顔の近くまでお化けが迫ってきて怖かった。叫び過ぎて声がかれそう」と振り返った。

 お化け屋敷は30日まで。入場は6歳以上で、入場料900円。開館時間は土、日曜とお盆期間の14日は午後1時~同7時、平日は午後2時~同7時。問い合わせは北日本新聞高岡支社営業部、電話0766(22)2224。

高岡・氷見・射水 ニュース

高岡・氷見・射水
イベント

高岡・氷見・射水
スポット