船長体験を楽しむ子どもたち=魚沼市

船長体験を楽しむ子どもたち=魚沼市

新潟県 越後湯沢・魚沼・奥只見 アウトドア・レジャー

「こども船長」1万人突破 奥只見湖の遊覧船人気 魚沼

新潟日報(2015年8月20日)

 魚沼市と福島県にまたがる奥只見湖の遊覧船ファンタジア号で行われている「こども船長体験」の参加者が16日、1万人を超えた。1万人目となった東京都立川市の小学2年、星野晴太君(7)に花束や記念品が贈られた。

 船長体験は2009年から始まり、参加者数は当初、年間数百人だったが、年々人気が高まって昨年は年間2千人以上が参加した。

 船長体験では、操舵室(そうだしつ)でスタッフから説明を受けた後、子どもたちが「前方よし」と指をさして安全確認してから、かじを大きく回す。

 1万人目となった星野君は「大きな船に乗ったのは初めて。かじを動かすのは難しかったが、将来、船長になってみたい」と満足顔。遊覧船を運航する奥只見観光の川名荘三郎社長は「秋に船から見る紅葉は格別。多くの人に体験してもらいたい」と呼び掛けた。

 船長体験は月内は毎日、9月5日~10月12日は土、日曜と祝日に行われる。体験料は無料だが、小学生以上は乗船料が必要(県内の小学生は無料)。各便先着20家族まで。問い合わせは奥只見観光、025(795)2750。

越後湯沢・魚沼・奥只見 ニュース

越後湯沢・魚沼・奥只見
イベント

越後湯沢・魚沼・奥只見
スポット