出土した擂鉢片などを眺める来場者

出土した擂鉢片などを眺める来場者

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し

「日本百名城」高岡城跡の発掘成果展示

北日本新聞(2015年8月27日)

 高岡市立博物館(同市古城、晒谷(さらしや)和子館長)で特別展「国史跡指定記念 高岡城跡(たかおかじょうあと)の魅力」が開かれている。2008年から5年間行われた発掘調査で新たに見つかった出土品が目玉として展示され、来館者の関心を集めている。10月12日までで入館無料。月曜休館。

 高岡古城公園として親しまれている高岡城跡は、06年に県内で唯一「日本百名城」に認定され、ことし3月に国の史跡に指定された。

 同展では、城跡の絵図や前田利長の書状など関係資料170点が並ぶ。当時のものとされる「越中瀬戸焼 擂鉢片(すりばちへん)」や礎石(そせき)の写真なども展示している。

 同館の仁ヶ竹亮介主査学芸員は「調査のたびに新発見があって魅力が尽きない。公園の価値以外に、城としても非常に価値が高いことを知ってほしい」と見どころを語っている。

 9月12日午後2時~同40分に無料の展示説明会が開かれる。8月29日は木越隆三石川県金沢城調査研究所長、10月10日は仁ヶ竹学芸員が、午後2時~同3時半に近くの市民会館で講演する。受講料各300円。事前申し込み不要。

 問い合わせは同館、電話0766(20)1572。

高岡・氷見・射水 ニュース

高岡・氷見・射水
イベント

高岡・氷見・射水
スポット