オーケストラのリハーサルで指揮するファビオ・ルイージさん=27日、松本市のキッセイ文化ホール

オーケストラのリハーサルで指揮するファビオ・ルイージさん=27日、松本市のキッセイ文化ホール

長野県 松本・上高地・美ヶ原 祭り・催し

OMFオーケストラAプログラム ルイージさん指揮で28日

信濃毎日新聞(2015年8月28日)

 松本市で開催中のセイジ・オザワ松本フェスティバル(OMF)で、28日に行われるメーン公演の一つ、オーケストラコンサートAプログラムのリハーサルが27日、会場となる同市のキッセイ文化ホール(県松本文化会館)で報道陣に公開された。昨年に続きフェスに招かれた米メトロポリタン歌劇場首席指揮者のファビオ・ルイージさん(56)が、切れのある指揮で音のイメージやリズムを伝え、サイトウ・キネン・オーケストラ(SKO)のメンバーが念入りに確認していた。

 曲目は、マーラーの交響曲第5番とハイドンの交響曲第82番「熊」。メーンとなるマーラーの第5番は、第4楽章がルキノ・ビスコンティ監督の映画「ベニスに死す」(1971年)のBGMに使われたことでも知られる。

 SKOはルイージさんの動きに合わせ、むせび泣くような旋律を重厚に響かせたり、軽やかな曲調を「温かく」奏でたりした。演奏がうまくいくとメンバーが笑顔で足踏みをするなど、緊張感が漂う中でも和やかに曲の流れを確認していた。

 28日のコンサートは午後7時に開演。当日券は午後4時から販売する。OMF総監督の小澤征爾さん(79)が指揮をする予定のオーケストラコンサートBプログラムは、9月6日に行われる。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット