徳沢園が食堂の外に設けたテラス席

徳沢園が食堂の外に設けたテラス席

長野県 松本・上高地・美ヶ原 アウトドア・レジャー

緑に囲まれたテラス席新設 上高地の徳沢園

信濃毎日新聞(2015年8月28日)

 北アルプス上高地(松本市安曇)の山小屋「徳沢園」が今夏、食堂の外にテラス席を新設した。登山者だけでなく、徳沢でキャンプをする家族連れなども休んでもらえるように大小のテーブルやいすを並べた。テラスは建物の食堂からつながるように4人用のテーブルを一つ、2人用のテーブルを三つ、カウンター席を八つ設けており、訪れた人たちがくつろいでいる。

 徳沢園の前には木々の緑に囲まれたキャンプ場があり、夏は学生や家族連れでにぎわう。今月中旬、家族5人でテント泊でキャンプを楽しんでいた大阪府藤井寺市の中学1年生は「むっちゃ気持ちいい。また来て、次も泊まりたい」と笑顔だった。

 徳沢園社長の上條敏昭さん(66)によると、中高年登山者に加えて、家族連れなどでも「山で快適に過ごしたい」というニーズが増えているという。雑魚寝ではなくベッドを求める客もおり、昨年は1部屋だった洋室を3部屋に増やす改装もした。

 テラスは冬が訪れる10月末までは設ける予定。上條さんは「親が子どもたちに登山のきっかけをつくって次の世代にも登山の魅力をつないでほしい」と話していた。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット