飯山駅1階にある観光交流センターに設置されたかまくら形のバルーン

飯山駅1階にある観光交流センターに設置されたかまくら形のバルーン

長野県 志賀高原・飯山・北信濃 その他

かまくらバルーンで「冷烈歓迎」 飯山市が新幹線駅に設置

信濃毎日新聞(2015年8月29日)

 北陸新幹線(長野経由)飯山駅1階に飯山市が設置した観光交流センターに、かまくら形のバルーンが置かれ、駅利用者の注目を集めている。県内有数の豪雪地帯の同市では、毎年冬に「かまくら祭り」など雪にまつわる催しがいくつも開かれる。バルーンを設置した市は「冬に再訪してもらうきっかけになればいい」としている。

 バルーンは「実物大」を意識しており、高さ2・4メートル、幅2・6メートル。周囲には本物のかまくらが並んだ写真パネルや、「冷烈歓迎」などと記された看板がある。バルーン内には休憩用の椅子や市を紹介する冊子を置いた。駅を訪れた人は不思議そうに眺めたり、記念撮影したり。

 市によると、富山県にある旅行会社が飯山駅周辺を巡る日帰りツアーを行っており、北陸圏の観光客へのPRのためにバルーンを置いた。バルーンを発案した月岡寿男副市長は市内外の催しに持参し、地域のPRにつなげたいとしている。

志賀高原・飯山・北信濃 ニュース

志賀高原・飯山・北信濃
イベント

志賀高原・飯山・北信濃
スポット