ぼんぼりがともる坂の町で優美に舞う踊り手=1日午後10時ごろ、富山市八尾町東新町(写真部部長デスク・垣地信治撮影)

ぼんぼりがともる坂の町で優美に舞う踊り手=1日午後10時ごろ、富山市八尾町東新町(写真部部長デスク・垣地信治撮影)

富山県 富山・八尾 祭り・催し

「おわら」一色 坂の町 八尾

北日本新聞(2015年9月2日)

 二百十日の風封じと五穀豊穣(ほうじょう)を願って三日三晩、唄と踊りを繰り広げる「おわら風の盆」が1日、富山市八尾町中心部で始まった。各町の演じ手たちは通りに繰り出し、優美な踊りと、哀調を帯びた胡弓(こきゅう)や三味線の演奏を披露。夕方から雨が降るあいにくの天気となったが、北陸新幹線開業もあり、昨年の初日より約1万人多い約9万人が全国から訪れ、坂の町の情緒に浸った。3日まで。

 午後3時ごろ、各町では町流しがスタート。地方(じかた)衆の伴奏や唄に合わせ、法被姿の男性と浴衣姿の女性が、しっとりとした踊りで観光客を魅了した。

 夕方から一時強い雨が降ったため、各町は公民館内で踊りを披露し、雨が弱まった通りで輪踊りを繰り広げた。美しい所作に、待ちわびた観光客は見とれていた。

 越中八尾観光会館(同市八尾町上新町)では「おわらステージ」があり、4町が出演。八尾小学校グラウンド(同市八尾町下笹原)では「おわら演舞場」が行われ、4町が稽古を重ねた技を披露した。

 2日も午後3時から各町で町流しがあるほか、八尾小学校グラウンドの「おわら演舞場」なども行われる。最終日の3日は同7時から町流しが始まる。「おわら演舞場」と町流しは雨の場合、中断する。

富山・八尾 ニュース

富山・八尾
イベント

富山・八尾
スポット