「マジックアワー」をテーマにした写真と吉村さん=ミュゼふくおかカメラ館

「マジックアワー」をテーマにした写真と吉村さん=ミュゼふくおかカメラ館

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し

世界の「マジックアワー」紹介 ミュゼふくおかカメラ館

北日本新聞(2015年9月3日)

 5日から高岡市福岡町福岡新のミュゼふくおかカメラ館で始まる「吉村和敏写真展 MOMENTS ON EARTH」を前に、作品約200点の展示作業が2日始まった。世界各国の夕暮れ時や日の出前の光景、イタリアの村の美しい景観を伝えている。11月3日まで。北日本新聞社共催。

 吉村さんは長野県松本市出身。東京を拠点に活動している。欧米などで、太陽が沈んで夜になるまでと日の出前の「マジックアワー」と呼ばれる時間帯の風景を中心に撮影している。

 今回は米国やカナダ、ドイツ、世界文化遺産の合掌造り集落がある白川郷(岐阜)などで撮影した写真を展示。一帯が淡い紫やピンクに染まり、神々しい様子が伝わる。

 「イタリアの最も美しい村」に選ばれている全234村を5年間かけて撮影した写真は、花に彩られた通りや村人の豊かな表情を捉えた。ソロモン諸島のジャングルの医師や、小説「赤毛のアン」の舞台、プリンス・エドワード島(カナダ)の写真もある。

 観覧料は一般800円、学生・高校生400円、小中学生100円。月曜休館。今月5日と10月24日の午後2時から、館内で吉村さんのトークショーとサイン会がある。

高岡・氷見・射水 ニュース

高岡・氷見・射水
イベント

高岡・氷見・射水
スポット