イベントに参加する酒蔵が造っている日本酒と、試飲用のオリジナル猪口

イベントに参加する酒蔵が造っている日本酒と、試飲用のオリジナル猪口

長野県 志賀高原・飯山・北信濃 祭り・催し

北信の地酒と料理で魅力発信 中野で21日イベント

信濃毎日新聞(2015年9月5日)

 北信地方の日本酒や地元食材を使った料理を味わうイベント「うまいもんと地酒信州SOUL(ソウル)2015」が21日、中野市東山の志賀泉酒造である。日本酒の試飲や販売、料理の販売、酒蔵の見学などを実施。日本酒を中心に地域の魅力を発信し、大勢の人々が来訪するきっかけづくりにする。

 日本酒の試飲では中野市と山ノ内町、飯山市、長野市、上田市の10蔵が各2種類ずつ持ち寄る地酒と、中野市内の1ワイナリー(ワイン醸造所)が仕込んだワインを自由に飲める。試飲チケットは当日2千円(前売1500円)で、参加者には試飲用にオリジナル猪口1個をプレゼント。各蔵が現在、試飲で提供する地酒を検討している。

 このほか日本酒の通常販売も実施。中野市豊田地域で収穫したトウガラシの一種「ぼたんこしょう」を使ったつくねや、中野市特産のキノコを使った焼きそばなども販売。市内にある3蔵を杜氏(とうじ)たちの案内で見学する「蔵めぐり」(無料)もある。

 北信地方の8蔵と酒販店3軒、中野市の飲食店4軒でつくる実行委員会が主催。実行委事務局で、中野市中央の季節料理和喜多の脇田淑女(きよめ)さん(41)は「中野にこんなにおいしい日本酒と料理が集まるのは珍しい。ぜひたくさんの人に味わってもらいたい」とPRする。

 正午〜午後4時。入場無料。蔵めぐり(午後1〜2時)は予約不要で、当日先着20人限定で実施。試飲チケットは販売サイト(http://eplus.jp)で購入できる。問い合わせは和喜多(電話0269・22・5127)へ。

志賀高原・飯山・北信濃 ニュース

志賀高原・飯山・北信濃
イベント

志賀高原・飯山・北信濃
スポット