復興イベントをPRする添田さん(左)ら

復興イベントをPRする添田さん(左)ら

長野県 木曽路 祭り・催し

「復興ウオーク」王滝で10月4日 御嶽山を望む2コース

信濃毎日新聞(2015年9月8日)

 専用のポールを使って歩く「王滝村おんたけ復興ウオーク」は10月4日、村内で初めて開かれる。王滝川沿いをはじめ、天気が良ければ御嶽山も望める5キロ、8キロの二つのコース。昨年の噴火災害以降、入山規制で御嶽山頂までは登れないため、山麓での催しを開こうと王滝観光総合事務所や体験型宿泊施設「おんたけ休暇村」などでつくる実行委員会が企画した。

 スキーのストックに似たポールを手にして歩くノルディックウオークを採用する。ノルディックウオークの岐阜県連盟が数年前に主催した講習会に休暇村の職員が参加し、指導員の資格を取得したのが縁で、同連盟が王滝村を応援するイベントをできないか提案。今年2月から検討していた。

 4日は午前9時半から発着点の松原スポーツ公園で開会式。8キロコースは御嶽神社里宮を通る。5キロコースは比較的平たんな場所を歩く。ともに田んぼの中など普段は歩くことの少ない場所を通るのが特徴で、中央アルプスも見える。

 前日の3日には午後2時から長野、岐阜両県の連盟会員からノルディックウオークを教わったり、お茶を飲んだりする催し(会費500円)も開く。

 休暇村職員で、自身も指導員の資格を持つ実行委事務局の添田弘美さん(29)は「ポールを持って歩くと、足腰の弱い人でも負担が少なく歩くことができる。普段は行かない場所を歩くので、新たな村の魅力も発見できるのでは」と応募を呼び掛けている。

 応募はインターネットからが18日まで、ファクスと郵送は25日まで。参加費は一般1300円、小中学生は800円。当日参加はいずれも200円増し。ポールのレンタル代は500円。詳しくは王滝観光総合事務所(電話0264・48・2257)へ。

木曽路 ニュース

木曽路
イベント

木曽路
スポット