「魯山人の宇宙」展の一般公開が始まり、作品に見入る来場者=高岡市美術館

「魯山人の宇宙」展の一般公開が始まり、作品に見入る来場者=高岡市美術館

富山県 高岡・氷見・射水 北陸新幹線 その他

「魯山人の宇宙」展始まる  高岡市美術館

北日本新聞(2015年9月14日)

■もてなしの美堪能

 北大路魯山人(ろさんじん)の名品を紹介する企画展「魯山人の宇宙-魂を刳(えぐ)る美が欲しい-」の一般公開が12日、高岡市美術館で始まり、大勢の美術ファンが多彩な分野で美を追究した芸術家の陶芸作品などに見入った。北陸新幹線開業・新高岡市誕生10周年記念企画。同美術館、北日本新聞社主催。

 米国のジャーナリストの収集品を基にした「カワシマ・コレクション」をはじめ、笠間日動美術館(茨城県笠間市)が所蔵する陶磁器や絵画など約90点を展示している。

 午後2時から会場でギャラリートークがあり、高岡市美術館の瀬尾千秋副主幹学芸員が、魯山人の足跡や、うわべの美を嫌った作品への思いなどを解説。「一点一点いろいろなことを考え、楽しみながら見てほしい」と話した。

 訪れた南砺市土生新(福光)の吉井清さん(67)は「織部の鉢などは小さく見えても重厚さがあった。独創性と味わいがあって楽しめた」と話し、美食家としても知られた魯山人流のもてなしの美学を堪能していた。

 同展は10月18日まで。9月14、24、28日と10月5、13日は休館。

高岡・氷見・射水 ニュース

高岡・氷見・射水
イベント

高岡・氷見・射水
スポット