長野県 上田・小諸 その他

真田丸の模型で歴史体感 上田の大河ドラマ館、展示概要決まる

信濃毎日新聞(2015年9月22日)

 来年1月放送開始予定のNHK大河ドラマ「真田丸」で使う衣装やセットを展示する上田市の「信州上田真田丸大河ドラマ館」の展示概要が固まった。同市の上田城跡公園にある旧市民会館のホールを改修し、内容別に五つのゾーンに分けて展示。主人公・真田信繁(幸村)が「大坂冬の陣」(1614年)の際に築いたとりで「真田丸」の模型も設置し、展示と映像で歴史を体感してもらう。

 上田市シティプロモーション推進室によると、来年1月17日にオープンし、2017年1月15日まで営業する。展示面積は約650平方メートル。現在、NHKエンタープライズ(東京)が建築工事を進めており、整備費は2億3760万円。上田市や民間事業者などでつくる「大河ドラマ『真田丸』上田市推進協議会」が運営する。

 展示は、「真田信繁(幸村)の生きた時代」「上田城と真田家の家族」など5ゾーンで構成。キャストの紹介や小道具、ドラマで使用する真田氏の甲冑(かっちゅう)「赤備え」のレプリカなどを並べる。上田合戦や大坂の陣など、地元ゆかりの真田氏が活躍した戦いについての解説もある。

 見学通路は城下町の街並みを再現。ドラマのメーキング映像や3Dで関連映像を楽しめる仕掛けも設ける予定だ。同推進室は「真田丸で大河ドラマ館が開設されるのは上田市だけ。真田氏の史跡やゆかりの地についても広く紹介したい」と話している。

上田・小諸 ニュース

上田・小諸
イベント

上田・小諸
スポット