料理を試食する店主ら=新発田市

料理を試食する店主ら=新発田市

新潟県 新発田・月岡・阿賀野 祭り・催し グルメ

「柳かれい」なる競演 新発田おごっつおう祭り 9店舗あすから

新潟日報(2015年9月30日)


 新発田市の日本料理9店が、共通食材を使った会席料理を手ごろな値段で提供する「あやめ城下町おごっつおう祭り」が10月1~31日、開かれる。11月2日には各店が1品ずつ担当する名物「味の饗宴(きょうえん)」があり、新発田の"おいしい秋"を締めくくる。

 祭りは各店主でつくる「新発田食探訪実行委員会」が主催し12回目。今年の共通食材は新潟を代表する魚「柳かれい」にした。実行委の渡辺松広委員長(60)は「とっておきの食材を選んだ。店ごとに工夫を凝らした味を食べ比べてほしい」と力を込める。

 参加店は「魚松」「末広」「円山」「志まや」「金子屋別館」「はまや」「多奈可や」「魚喜久」「さゞ波」。値段は昼2700円、夜5500円で共通だが、内容は各店で異なる。前日までに予約が必要。

 24日には味の饗宴に出す料理の試食会が開かれ、店主らは「煮物の次は酢の物がいいのでは」「彩りに添える野菜を考え直そう」などと意見をぶつけ合った。若手の渡辺一秋さん(41)は「先輩方がどんな料理を出すのか、毎年刺激になる」と本番を楽しみにしていた。

 味の饗宴は11月2日午後6時半から市地域交流センター。先着100人で6500円。問い合わせは市観光協会、0254(26)6789。

新発田・月岡・阿賀野 ニュース

新発田・月岡・阿賀野
イベント

新発田・月岡・阿賀野
スポット