旬の食材を使った料理を楽しむグループ客=ひみのはな

旬の食材を使った料理を楽しむグループ客=ひみのはな

富山県 高岡・氷見・射水 グルメ

旬の地元の味に舌鼓 氷見三昧秋冬編スタート

北日本新聞(2015年10月2日)

 氷見市の民宿や飲食店などが地元の食材を生かした料理を提供する「"食都(しょくのみやこ)"四季を彩る氷見三昧(ざんまい)キャンペーン秋冬編」は1日、33店で始まり、来店客が旬の味覚を楽しんだ。

 北陸新幹線の最速列車「かがやき」にちなんで「氷見三昧かがやき御膳」と銘打ち、各店が自慢のメニューを提供。同市姿の温泉旅館「ひみのはな」では高岡、小矢部市から親族で集まったグループ客5人が早速、舌鼓を打った。

 旬のお造りや氷見牛の石焼き、シロエビのかき揚げ、氷見うどん、釜飯などが並び「魚も肉も食べられ、バランス良く楽しめる」などと笑顔を見せていた。同旅館は3700円(税別)で個室休憩や温泉入浴もできる。

 キャンペーンは氷見の豊かな食を発信しようと2004年に始まった。参加店でつくる氷見三昧倶楽部(杉木克己会長)や市、市観光協会、JA氷見市、氷見漁協、北日本新聞社などでつくる実行委員会が主催。問い合わせは市観光協会、電話0766(74)5250。

高岡・氷見・射水 ニュース

高岡・氷見・射水
イベント

高岡・氷見・射水
スポット