北陸新幹線下り最終便を降り、トキめき鉄道の改札へ向かう乗り換え客=1日午後10時すぎ、上越市の上越妙高駅

北陸新幹線下り最終便を降り、トキめき鉄道の改札へ向かう乗り換え客=1日午後10時すぎ、上越市の上越妙高駅

新潟県 上越・妙高・糸魚川 その他

トキ鉄新ダイヤ初日 最終新幹線との接続短縮 利便性アップ「歓迎」

新潟日報(2015年10月5日)

 えちごトキめき鉄道(上越市)は1日、深夜の一部ダイヤ変更による運行を始めた。北陸新幹線下り上越妙高着の最終便と直江津行きの乗り換え時間はこれまでの43分から8分に短縮された。ただ、初日は暴風の影響で列車は大幅に遅れたため、利用者はメリットを実感できなかった。「次回の利用からは便利さが分かるはず」と口にして、遅れてきた列車に乗り込んだ。

 東京発の最終新幹線はくたかは1日午後10時6分ごろ、上越妙高に定刻通り到着した。しかしトキめき鉄道の直江津行きは最大2時間余りの遅れが出た。このため、乗客は本来乗り換える便の同14分発ではなく、2便前の遅れてきた電車を利用した。新幹線到着からの待ち時間は15分弱。乗客は数十人でビジネスマンの姿が目立った。

 姉の結婚式に出席するため直江津に向かっていた東京都の会社員男性(27)は「ダイヤの変更は知らなかった。以前同じ最終の新幹線で来た時は待ち時間がとても長かったのでありがたい」と笑顔で語った。

 仕事で毎月上越市を訪れるという東京都三鷹市の会社員、山脇渉さん(42)は「最終便の着く時間は駅の売店が閉まっていて時間をつぶす場所がない。これから寒くなるので、待ち時間が短ければ寒い思いもしなくて済む」と喜んだ。

 高田で降りた東京都大田区の会社員泉潤一郎さん(35)も待ち時間の短縮を歓迎したが、「8分だと切符を買い間違えた時や、初めて来た人は短すぎると感じるのではないか」と心配した。

 長岡市在住の男性は「改札を出た後の案内表示をもっとはっきり分かるようにしてほしい。スムーズな乗り換えができず戸惑ってしまいかねない」との声を寄せた。

◎変更案内はHPや市報 「もっと周知を」の声も

 えちごトキめき鉄道は一部ダイヤ変更について、同社ホームページなどで周知している。発着時刻が変わったのは4本。上越妙高発-直江津着2本、直江津発-糸魚川着、直江津発-新井着で、いずれも午後10時台に発車する。

 一部利用者からは「ダイヤ変更をもっと周知してほしい」との声が出ている。

 同社は各駅での掲示や上越市の広報紙でも周知。「ダイヤ変更に伴い発車時刻を早めた便はなく、乗り遅れる可能性がない」などとして今回の周知方法で対応した。

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット