長野県 志賀高原・飯山・北信濃 アウトドア・レジャー

秋の「信越自然郷」ぐるり 飯山駅発着の「おさんぽバス」企画

信濃毎日新聞(2015年10月7日)

 飯山市の信州いいやま観光局は10〜25日の土日曜日と祝日、北陸新幹線(長野経由)飯山駅前を発着する「おさんぽバス」を運行する。秋の運行は初めてで、駅周辺の広域観光圏「信越自然郷」の紅葉スポットを回る。見頃に合わせた5ルート=地図参照=を設定しており、多くの利用を呼びかけている。

 バスの運行は飯山駅周辺の市町村などでつくる「信越9市町村広域観光連携会議」が同観光局に委託。昨年と今年の春、花の名所を巡るバスを走らせたところ、観光客や地元住民に好評だったといい、秋の運行を決めた。

 10〜12日は志賀高原(山ノ内町)の一沼(いちぬま)や標高2100メートルにある横手山ドライブインなどを回る(Aルート)。17、18日は志賀高原やカヤの平(木島平村)を回るBルートと、なべくら高原(飯山市)や野沢温泉村を巡るCルートがある。

 24日は新潟県妙高高原の「いもり池」や長野・新潟県境にある苗名(なえな)滝を訪れるDルートを、25日は半年に1回現れる木島平村の樽滝(たるたき)などを見学するEルートを運行する。

 各日とも午前10時、午後2時に出発し、3時間かけて飯山駅に戻る。同観光局職員がバスに同乗し、地域の魅力を紹介する。いずれのルートも途中で道の駅に立ち寄り、買い物時間も設ける。同観光局は「バスの車窓からの景色は車の視点と異なり、新しい一面が見える」とPRしている。

 当日は発車10分前までに飯山駅1階にある観光案内所に集合。料金は大人1800円、小中学生500円。予約制で空席があれば当日も受け付ける。予約、問い合わせは観光案内所(電話0269・62・7000)へ。

志賀高原・飯山・北信濃 ニュース

志賀高原・飯山・北信濃
イベント

志賀高原・飯山・北信濃
スポット