洋風住宅ながら、瓦をかまぼこ状のしっくいでつないだ壁面「なまこ壁」など日本の伝統的技法が随所に見られる福井市グリフィス記念館

洋風住宅ながら、瓦をかまぼこ状のしっくいでつないだ壁面「なまこ壁」など日本の伝統的技法が随所に見られる福井市グリフィス記念館

福井県 福井・永平寺 アウトドア・レジャー その他

洋館再現グリフィス記念館 10日開館 福井市のまちなか散策の拠点

福井新聞(2015年10月10日)

 福井藩の米国人教師グリフィスを中心とした郷土の歴史が学べ、まちなか散策の拠点にもなる「福井市グリフィス記念館」が10日、福井市中央3丁目の桜橋北詰近くにオープンする。明治初期の独創的な建物が、通称浜町界隈(かいわい)に新たな彩りを添えている。

 9日、施設が報道陣に公開された。福井初の洋風建築であるグリフィス邸を再現した「グリフィス館」は木造2階建て延べ134平方メートル。功績や福井藩初の留学生日下部太郎との縁を通じた国際交流の歴史などを紹介している。「しゃべる肖像画」や、グリフィスが由利公正に送った手紙や著作(いずれも複製)なども展示されている。

 「おもてなし館」は休憩スペースを備える。催しなどに使用できる「にぎわい広場」にはグリフィスの死後、妻が市に寄贈した日時計(複製)が設置された。

 10日午後5時半からオープニングセレモニーがある。10~12日はライトアップされ、午後8時半まで開館を延長。通常は年末年始を除く午前10時~午後7時まで開館する。

福井・永平寺 ニュース

福井・永平寺
イベント

福井・永平寺
スポット