新潟県 新潟・岩室 花・紅葉 祭り・催し

華道甲子園新潟県大会 「秋」をテーマに

新潟日報(2015年10月12日)

 生け花を学ぶ高校生がチームで華道を競う「Ikenobo花の甲子園2015北信越地区県大会」(池坊華道会主催)が11日、新潟市中央区のNEXT21で開かれ、7校がみずみずしい発想力が光る作品を披露した。県代表には中条高校が選ばれ、11月に京都で行われる全国大会に出場する。
 
地区大会は全国13カ所で実施。各校3人1組で45分以内に3種類の作品を生け、完成度や発想力、チームワークなどを競った。赤やオレンジのガーベラ、紫のトルコキキョウなどが用意され、各自「秋」や「移ろい」などをテーマに手早く花器に生けた。生徒同士で話し合ったり、全体のバランスや彩りを確認したりして作品を仕上げていた。
 
県代表に選ばれた中条高の作品は「卒業」がテーマで、全体的な構成や表現力などが高く評価された。
 
ことし初参加した巻高校2年の田村紗枝さん(16)は「審査員の前で緊張したが、仲間と和気あいあいとできた。他校の作品は、同じ花器でも自分にはない発想で生けていて、面白かった」と話していた。

新潟・岩室 ニュース

新潟・岩室
イベント

新潟・岩室
スポット