まちなかでピクニックを楽しむ「不自然ピクニック」の会場となる新栄テラス=福井市中央1丁目

まちなかでピクニックを楽しむ「不自然ピクニック」の会場となる新栄テラス=福井市中央1丁目

福井県 福井・永平寺 アウトドア・レジャー グルメ スイーツ

不自然ピクニックって何? 17日、福井の中心市街地で開催

福井新聞(2015年10月13日)

 山でもなく、川でもなく、まちなかでピクニックをするイベント「不自然ピクニック」が17日、福井市中央1丁目一帯で開かれる。本紙連載「まちづくりのはじめ方」企画班などでつくる実行委員会が主催。新栄商店街の広場「新栄テラス」をメーン会場にして、パンやソーセージなどのランチを楽しんでもらう。

 広場や公園など公共的な空間の使い方を工夫し、まちなかでの新しい過ごし方を提案するのが狙い。自然がない「不自然」なまちなかでくつろぐ姿がいつしか日常の光景になってほしいとの願いを、遊び心とともにタイトルに込めた。

 午前10時と午後1時からの2回、ガレリア元町商店街の「これからビル」でワークショップ(参加費2200円)を開催。料理家の佐々木京美さん(鯖江市)から、福井ポークを使ったソーセージの作り方を学ぶ。石臼でソーセージをおいしくする香辛料の調合を体験する。

 焼きたてのソーセージとパンのセットをバスケットに詰めて、市と福井大がコイン駐車場を広場化した「新栄テラス」に出発。自由にピクニックを楽しんでもらう。ワークショップに参加しなくても、親子連れや友人同士で飛び入り参加できる。

 イベントの趣旨に賛同した周辺の飲食店7軒は、スープやジャーサラダ、チーズセット、コーヒー、生ビールなどピクニックに合わせたテークアウトメニューを販売。当日配布のマップで参加者に紹介する。

 新栄テラスのウッドデッキには、ラグやクッションを用意。テラス内では、眼鏡枠の素材を使ったアクセサリー作り、木製ボックスを作るDIY教室なども楽しめる。

 午前10時から午後4時半まで。雨天中止。ワークショップの申込先はメール=machidukuri@fukuishimbun.co.jp。氏名、午前か午後のどちらに参加するか、参加人数、連絡先を明記する。問い合わせは実行委事務局=電話090(5172)5666。

福井・永平寺 ニュース

福井・永平寺
イベント

福井・永平寺
スポット