カウントダウン看板を除幕し、オープンを心待ちにする園児と関係者=新高岡駅

カウントダウン看板を除幕し、オープンを心待ちにする園児と関係者=新高岡駅

富山県 高岡・氷見・射水 その他

「藤子・Fギャラリー」開館へカウントダウン 高岡

北日本新聞(2015年10月13日)

 12月1日に高岡市美術館内にオープンする常設施設「藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー」に向け、市は12日、開館50日前の節目を記念して、新高岡駅と高岡駅に開館までの日数を示すカウントダウン看板を設置した。

 ふるさとギャラリーは、高岡市出身の漫画家、故藤子・F・不二雄さんの作品の魅力や足跡を紹介する施設で、同館2階に開設。藤子さんの少年時代の写真や漫画の原画などを展示するほか、入り口にドラえもんの秘密道具「どこでもドア」を置き、作品の世界観を表現する。

 新高岡駅の観光交流センター前で看板のお披露目式があり、氷見高岡市教育長があいさつ。藤子・F・不二雄プロの安藤徳行取締役が「貴重な原画展示から藤子先生の息遣いを感じてほしい」と述べ、酒井立志市議会議長が「藤子作品のメッセージを世界に発信できる」と期待を寄せた。

 いずみ幼稚園(同市上黒田)の年長児が「夢をかなえてドラえもん」の鼓隊演奏を披露し、関係者と共に除幕した。

 同日、ふるさとギャラリーのホームページも開設された。アドレスはhttp://fujiko-artgallery.jp/

高岡・氷見・射水 ニュース

高岡・氷見・射水
イベント

高岡・氷見・射水
スポット