優美な木目込み人形が並ぶ遺作展=8日、新潟市西蒲区

優美な木目込み人形が並ぶ遺作展=8日、新潟市西蒲区

新潟県 新潟・岩室 その他

笑顔の面影木目込み人形 渡部さん(中央区)遺作展 西蒲区のギャラリー

新潟日報(2015年10月13日)

 約40年人形を作り続け、知人に贈るなどしていた新潟市中央区の渡部フミさん(90)が6月に亡くなり、「フミさんの思いが詰まった人形を見てほしい」と親戚の女性が遺族から譲り受けた人形を同市西蒲区のギャラリーに展示している。優美な人形が訪れた人を和ませている。

 渡部さんの遺作展として人形展を企画したのはギャラリー「雅楽多骨董&茶房夢や」を営む渡辺邦子さん(62)。渡部さんの木目込み人形約60体を展示した。

 木目込み人形は木製の人形に溝を彫り込み、衣装を着せて布の一部を溝に入れ込んだもの。約40年間手掛けた渡部さんは、ひな人形などを知人らに贈っていたほか、木目込み人形の一つ、真多呂人形の作り方を教える資格も持っていた。人形が処分されると聞いた渡辺さんが「ぜひ残したい」と遺族から譲ってもらった。

 館内には色鮮やかな衣装をまとった人形が並ぶ。琴を奏でるみやびな貴婦人や、真多呂人形の教授資格検定に出品した、十二単(ひとえ)の趣ある作品もある。

 渡辺さんは「温厚な性格でいつも笑顔だったフミさんの性格が人形からも伝わってくる。多くの人に来てほしい」と話している。

 30日まで(不定休)。入場無料。問い合わせはギャラリー、0256(86)1213。

新潟・岩室 ニュース

新潟・岩室
イベント

新潟・岩室
スポット