多くの入館者でにぎわう「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」。ロンギヌスの槍など作中に登場した刀剣類も並ぶ

多くの入館者でにぎわう「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」。ロンギヌスの槍など作中に登場した刀剣類も並ぶ

長野県 上田・小諸 祭り・催し

刀剣女子で町にぎわう 坂城で「エヴァと日本刀展」

信濃毎日新聞(2015年10月23日)

 埴科郡坂城町鉄の展示館で開かれている特別展「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」(町など主催、信濃毎日新聞社共催)が、多くの来館者でにぎわっている。「刀剣女子」と呼ばれ、刀剣に関心を持つ女性客も目立ち、2002年の開館以来、最多の786人が訪れた日も。22日は2人組などの女性が目立った。町内ではのぼり旗が立ち、関連商品が販売されるなど経済効果も生まれつつある。

 特別展では、大ヒットアニメ「エヴァンゲリオン」に登場する刀剣類など26点を展示。アニメは少年少女が人型兵器に乗り込み、人類を襲う謎の敵と戦う物語だ。

 22日は、訪れた女性らがアニメに登場する「ロンギヌスの槍(やり)」(全長約3・3メートル、重さ約22キロ)を見て驚いたり、写真を撮ったりしていた。茅野市宮川の団体職員有賀芳樹さん(40)は20年前にアニメを見ていた世代。刀にも興味があったといい、「ヱヴァの世界観と刀の融合がすごい」と話していた。

 同館によると、刀剣女子は5月末〜8月に開かれた作刀や研磨の全国公募展にも多く訪れ、参加費2万円の小柄小刀を作るイベントに女性の姿があった。同館も日本刀に触れる女性限定のイベントを開くなど力を入れている。

 町では特別展を訪れた人たちに、町内の魅力を知ってもらおうとする取り組みも展開。地元商工会、観光協会と協力し、特別展に行った後に町内の飲食店や書店で買い物などをした人に、アニメのキャラクターが描かれたコースター(限定3千枚)をプレゼントしている。

 飲食店では独自の取り組みも企画。ジェラート店「コンフィチュール・ミミ・ジェラテリア」は、登場人物のイメージに合わせて作ったジェラート5種類を販売している。

 町などは24、31日、11月7日、特別展に出品している町在住の刀工宮入小左衛門行平(本名・恵(けい))さん(58)の鍛刀場で日本刀鍛錬の様子を見学する催しを開く。町鉄の展示館は「刀匠の町坂城で日本刀の魅力に触れてほしい」としている。

 特別展は11月23日まで。問い合わせは同館(電話0268・82・1128)へ。

上田・小諸 ニュース

上田・小諸
イベント

上田・小諸
スポット