木やりの実演で始まった「銀座NAGANO」の1周年「大感謝祭」=24日、東京・銀座

木やりの実演で始まった「銀座NAGANO」の1周年「大感謝祭」=24日、東京・銀座

 県が東京・銀座に設けた情報発信拠点「銀座NAGANO―しあわせ信州シェアスペース」で24日、オープン1周年の「大感謝祭」が始まった。初日は県産リンゴのプレゼントや旬の果物を楽しむイベントなどがあり、大勢の人が訪れた。25日まで。

 諏訪郡下諏訪町の木遣(きやり)保存会による木やりの実演でスタート。「ヨイサ」の掛け声に来場者も両手を挙げて盛り上がり、小松直人会長は「良い機会にPRできた」。東京都町田市から訪れた山脇克朗さん(73)は「娘が信州の人と結婚した縁がある。長野県の魅力が伝わる場所。またイベントに来たい」と話した。

 特産品の販売やイベントの開催で情報発信する同拠点の来場者数は、昨年10月26日のオープンから今年9月末までに延べ72万7014人。年間目標の35万人を大きく上回った。熊谷晃所長は「リピーターが多い。信州の魅力をより深く知ってもらうため、県内を訪れる企画を増やしたい」と話した。

 24日夜には、全国バーテンダー技能競技大会で優勝経験がある松本市のバーテンダー林幸一さんの参加でカクテルなどを味わうイベントも開催。25日は、「飯田お練りまつり」の大名行列、阿部守一知事とタレント峰竜太さんのトークショーなどがある。

志賀高原・飯山・北信濃 ニュース

志賀高原・飯山・北信濃
イベント

志賀高原・飯山・北信濃
スポット