小林さん(右)の勧めで米粉パンを試食する高田さん

小林さん(右)の勧めで米粉パンを試食する高田さん

富山県 黒部・宇奈月・新川 スイーツ

主演・高田さんパン店訪問 魚津で新作映画PR

北日本新聞(2015年11月3日)

 魚津市を舞台にした映画「魚津のパン屋さん」で主演を務めた高田亜矢子さん(27)=東京=が2日、同市のパン店や菓子店で行われているスタンプラリーを体験した。主人公がパン店の開店を目指す映画の内容にちなんで参加し、公開中の映画もPRした。

 「魚津のパン屋さん」は、タカオカンドリーム社(高岡市)の市川徹監督が製作。魚津市で地元エキストラも交えて撮影し、富山シアター大都会(富山市)で今月6日まで公開している。スタンプラリーは魚津市のパン店・菓子店15店で行われており、スタンプを集めて応募すると、抽選で参加店の利用券が当たる。台紙は参加店や観光案内所に置かれている。30日まで。

 この日は映画のサイン会のため来県している高田さんが、スタンプラリー参加店の米工房ジャスミン(同市友道)を訪問。代表の小林由紀子さん(34)と談笑して米粉パンを試食した。小林さんは映画の出演者にパン作りの指導をしたほか、出演もしている。

 高田さんはパン作りの撮影を「思った以上に力が必要で大変だった」と振り返り、映画の反響について「映画館では観客から歓声が上がっていてうれしい。見た人に『優しい気持ちになれた』と言われてよかった」と話した。

 富山シアター大都会での高田さんのサイン会は3日の各回終了後にも行う。10月に魚津のパン屋さんを上映した横浜市のシネマノヴェチェントで、来年1月23日から再上映されることも決まった。

黒部・宇奈月・新川 ニュース

黒部・宇奈月・新川
イベント

黒部・宇奈月・新川
スポット