塩尻市特産のワインを楽しむ人たち=名古屋市

塩尻市特産のワインを楽しむ人たち=名古屋市

長野県 松本・上高地・美ヶ原

塩尻産ワイン 名古屋でPR

信濃毎日新聞(2015年11月8日)

 塩尻市特産のワインをPRする催し「信州塩尻桔梗(ききょう)ケ原WineBar(ワインバー)」が7日、名古屋駅(名古屋市)前の超高層ビル「ミッドランドスクエア」で4日間の日程で始まった。初日は多くの愛飲家でにぎわった。

 会場では、塩尻市内7カ所のワイナリー(醸造所)の26種類をボトルで販売。うち24種類はその場で有料で飲めるほか、無料試飲コーナーもあった。ワインのたるを置いたり、ブドウのつるを飾ったりして雰囲気を演出した。

 愛知県清須市から訪れた会社役員可児(かに)伸孝さん(50)は「国産ワインはあまり飲むことがなかったが、芳醇(ほうじゅん)でおいしい。塩尻のワインをもっと飲んでみたい」。塩尻市の赤羽誠治・産業振興事業部長(地域ブランド担当)は「非常に手応えを感じた。塩尻に行ってみようと思ってくれたらうれしい」と話した。

 名古屋市での同様の催しは3回目。今回は国産ワインの人気の高まりを受け、多くの人にアピールしようと会場を変えた。8日は、安曇野市のシニアソムリエ石田通也(みちや)さんと一緒に3種類のワインを味わう講座があるほか、小口利幸塩尻市長も訪れてPRする。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット