上越、糸魚川、妙高の3市の観光名所をあしらった絵はがき

上越、糸魚川、妙高の3市の観光名所をあしらった絵はがき

新潟県 上越・妙高・糸魚川 その他

信像、親不知、いもり池... 3市の名所絵はがきに 日本郵便上越地区連

新潟日報(2015年11月13日)

 上越、糸魚川、妙高の3市などをエリアとする日本郵便上越地区連絡会は、3市の観光名所をあしらった絵はがきを2種類ずつ作製した。それぞれの郵便局などで無料配布する。北陸新幹線開業を機に、歴史やジオパーク、妙高戸隠連山国立公園といった地域の個性をPRする仕上げになっている。

 連絡会が絵はがきを作製したのは初めて。郵便局を訪れる市民や観光客から要望が出ていたのを受けた。絵や写真の提供などは各市から協力してもらった。

 上越市の絵はがきは、春日山城跡に立つ上杉謙信像の写真と、高田公園の高田城三重櫓(やぐら)を彩る桜のイラスト画。

 糸魚川はジオパークを代表する景観の一つ「親不知」と、能生の「トットコ岩」が描かれている。

 青海地域で絵画サークルを主宰する小林和則さん(77)による水彩画を活用した。

 妙高は冠雪した妙高山を望むいもり池と、火打山山頂付近で紅葉を迎えた高谷池の写真で、美しい国立公園の景色をアピールしている。

 上越は1種類に付き2千枚、糸魚川と妙高は同千枚印刷し、一部は各市役所に贈った。市役所のほか、イベントや観光案内所などでも無料配布される。

 上越地区連絡会の上野誠一・春日山郵便局長は「新幹線で訪れた人への観光PRに役立つとありがたい。地域の皆さんがはがきを送る際にも使ってほしい」としている。

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット