二本木駅の旧待合室に設置されたジオラマを楽しむ子ども=上越市中郷区

二本木駅の旧待合室に設置されたジオラマを楽しむ子ども=上越市中郷区

新潟県 上越・妙高・糸魚川 祭り・催し

旧待合室にスイッチバックのジオラマ展示

新潟日報(2015年11月15日)

 えちごトキめき鉄道の二本木駅(上越市中郷区)で8日、旧待合室の改装を記念したイベント「ほや二本木駅へえごっさ!!」が開かれた。駅のスイッチバックを再現したジオラマ展示や駅の解説ツアーがあり、多くの市民が新たな交流拠点の出発を祝った。

 改装に協力したNPO法人中郷区まちづくり振興会が主催した。旧待合室は午前7時~午後5時、地域住民や駅利用者に無料開放されている。

 記念イベントに合わせて壁に地元の小学生の絵や写真が飾られ、横3・6メートル、奥行き0・6メートルのジオラマも常設展示された。訪れた子どもたちは模型電車を楽しそうに操縦した。

 駅のツアーでは、蒸気機関車時代にランプ灯の燃料を入れていた油庫などを回った。1910年の建設当時のまま残る建物を参加者は興味深そうに眺めた。

 2歳の孫と訪れた近所の男性(72)は「孫もジオラマで遊べる。近所の人とお茶を飲んだり、話をしたりして使いたい」と話した。

 同法人では旧待合室の愛称と二本木駅の昔の写真を募集している。問い合わせは同法人、0255(74)2455。

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット