迫力ある演奏が繰り広げられた「富山の太鼓」=アイザック小杉文化ホール

迫力ある演奏が繰り広げられた「富山の太鼓」=アイザック小杉文化ホール

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し

県内外団体が迫力の競演 富山の太鼓

北日本新聞(2015年11月16日)

 和太鼓団体が競演する「第41回富山の太鼓」と「第18回日本太鼓ジュニアコンクール県大会」は15日、射水市アイザック小杉文化ホールで開かれた。コンクールは「越中いさみ太鼓 春蘭(しゅんらん)」(砺波市)が優勝した。

 富山の太鼓は県太鼓協会(熊野誠会長)が開き、源多良太鼓保存会、越中大島太鼓振興会、式年太鼓保存会、常願太鼓保存会、越中いさみ太鼓保存会、氷見有磯太鼓保存会、水舞流越中八幡太鼓保存会の県内7団体が出演。福島県の北陵太鼓や石川県の大場潟乃太鼓、福井県の越前権兵衛太鼓保存会、射水市のいみず祭り実行委「射水のじた音頭」が特別出演した。太鼓の各団体はそれぞれ特色のある演奏、豪快で迫力のある音色で来場者を魅了した。

 日本太鼓ジュニアコンクール県大会は日本太鼓財団県支部が主催。13チームが出場し、4分で自由曲を演奏した。年々レベルが向上し、力強い演奏が目立った。協会の河合睦夫名誉会長や熊野会長らが審査した。「越中いさみ太鼓 春蘭」は来年3月20日に大分県で開かれる日本太鼓ジュニアコンクールに出場する。

 いずれも北日本新聞社共催。

 ▽日本太鼓ジュニアコンクール県大会(2)式年太鼓保存会 鼓遊(南砺市)(3)氷見有磯太鼓 漣(さざなみ・氷見市)

高岡・氷見・射水 ニュース

高岡・氷見・射水
イベント

高岡・氷見・射水
スポット